今日も明日もずっと元気が一番!

ここ来れば、元気がでるよ

民進党・蓮舫が書類公開を拒み続ける理由→国籍法や公職選挙法だけでなく旅券法・税法にも違反の可能性



   

民進党・蓮舫が書類公開を拒み続ける理由→国籍法や公職選挙法だけでなく旅券法・税法にも違反の可能性

n-RENHO-JAPAN-large570

0 :ハムスター速報 2016年10月19日 10:06 ID:hamusoku
蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 “偽の二重国籍”売り物に 「違法状態を放置だ」

 民進党の蓮舫代表(48)の「二重国籍」問題は、国民にウソをついただけでなく、違法性が問われる可能性が出てきた。蓮舫氏は15日、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとして、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と語ったのだ。

 蓮舫氏は、戸籍法の義務である「22歳までの国籍選択」を、最近までしてこなかったことを明らかにした。党関係者によると、選択の宣言は今月7日付だという。

 これは、国籍選択後の台湾籍離脱が「努力義務」なのに対し、純然たる「違法状態」を放置してきたことになる。蓮舫氏は立法府の人間でもあり、重大性において格段の差がある。

 今回も証拠の提示はなく、国民は本当に蓮舫氏が台湾籍を離脱したのかすら確認できない。すみやかに証拠を開示し、特に台湾旅券の使用状況を示すべきである。

 それは、公職選挙法上の経歴虚偽記載や、旅券法、税法などの違法行為の有無を判断するのに不可欠の材料だ。

 蓮舫氏は「二重国籍」状態は、不注意によると強弁しているが、戸籍謄本などを見れば、国籍選択の不履行は一目瞭然だったはずだ。

 さらに、民進党は公党として、国籍選択すらしていない人物を国会議員や閣僚、党代表としたことについて、国民に謝罪すべきである。ガバナンス(統治)能力の低さについても、根本的な反省が必要だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161018/plt1610181550005-n2.htm

2 :名無しのハムスター2016年10月19日 10:07 ID:tZ91NZQL0
犯罪者が代表になって法律を作る国…

3 :名無しのハムスター2016年10月19日 10:07 ID:wxytLWBa0
もうこいつ終わってんな

4 :ハムスター名無し2016年10月19日 10:07 ID:tH45nez30
経歴詐称は確定してるんだから、ちゃんと捕まえろよ

続きを読む

 - 未分類

×
ムコソルバン